セフレだけど恋人じゃない微妙な関係

セフレというのは、恋愛や結婚という形に比べるとやや関係が曖昧な物で、関係の在り方も非常に幅広く人の数だけセフレの在り方もあるというような物なんです。
だから、セフレと一口に言ってもいろんな付き合い方がありそこにある思惑や目的、という物も全然違います。
そんな中でも、恋愛にかなり近いけど恋愛ではないというようなセフレという関係があるのを紹介しましょう。

恋愛に近いセフレという関係はどうある物なのか

人によっては、例えば恋愛という関係や恋愛という物自体をどう捉えるのかというような事で形も変化します。
例えば、恋愛を明確に形にしたい人というのも居れば逆に一緒に居てセックスをしたりキスをしたりするだけで楽しいから、わざわざ付き合うとか恋愛というような恋人という関係そのものにこだわらないという人もいるんですね。
そうなると、恋愛という形式ばった関係を取る事を嫌いセフレのような、恋愛という形こそ取らないけど、異性の友人としてずっと近く親密な関係を築き曖昧な距離感でセックスを楽しむという人もいるのです。

セフレとの緩い距離感

セックスをただ楽しむ、でも恋愛感情というか異性に対するような強い感情がまるで無いというわけではないんですね。
セフレの中でも、感情的に心の距離が近い、感情が深く繋がっている、ただ恋愛というような形をとっているわけではないのでお互いの異性関係を束縛したり、ほかの人とセックスをしたりすることに対して嫉妬するというような事はしてはいけないんですね。
お互いに好きだとある程度は思っているのでしょうが、あくまでセックスという関係をベースにするだけですし、相手とお互いにただセックスをする、恋愛気分も楽しむ、でも恋人ではないというような曖昧かつ、とても微妙な関係でありその微妙な距離感があるというのがちょうどいいのです。
恋愛感情に近い物はある、でも恋人ではない、そんな距離感をしっかり保てば楽しく関係を続けられるでしょう。